歳の差婚の現実!21歳で10歳年上と結婚した私が赤裸々にご紹介

家族
スポンサーリンク

 

こんにちは。わんぱく娘の育児に追われるひまわりお(@himawario3)です!

 

芸能人も含め、年の差婚がここ最近増えていますね〜

と言っている我が家もそれです。

 

この記事を読んでほしい人

  • 歳の差婚予定の方
  • 旦那が年上の方
  • 歳の差婚に興味のある方

当てはまったら是非見てみてくださいね♪

 

我が家は私が21歳の時に10歳年上の主人と結婚。それから出産も経験し、あっという間に4年が経ちました。

計算すれば今の歳がすぐに分かってしまいますねw

そんな我が家はいわゆる年の差婚。

今回は私が年上の主人を選んだ理由と良かったところ、後悔しているところを詳しくご紹介していきますね!

 

我が家の馴れ初めなんて
どうでも良い方はサクッとどうぞ

 

我が家の馴れ初め

 

ママさん
ママさん

旦那さんとの出会いは?何歳の頃?

ひまわりお
ひまわりお

主人とは私が18歳の時に職場で出会い、そこから4年程付き合って結婚しました!

 

私がアルバイトで向こうは社員という定番のやつですw

私が18歳の時に主人が28歳だったわけなので、当時は結構珍しがられましたね。

主人も友達からロリコンだと冗談交じりに馬鹿にされていました( ̄∇ ̄)

 

ママさん
ママさん

10歳も上の人と付き合う事への不安はなかったの?

ひまわりお
ひまわりお

私の父と母は30歳差と超歳の差婚だったので10歳なんて私の中では大したことなかったですね。

 

両親が歳の差婚だったこともあってか私自身、年上の方の方が惹かれやすかった気がします。

とはいえ、高校生の時は普通に同学年の子と付き合ったりもしていました。

しかしまあ長続きせず・・・初めて長くお付き合い出来たのが主人だったんです。

 

ママさん
ママさん

4年間付き合っていて別れの危機はなかったの?

ひまわりお
ひまわりお

それがなかったんですよね。4年のうち2年は同棲していたこともあって既に空気みたいな存在でしたw

 

結婚前の2年間は同棲していました。

職場もおなじだったので、常に一緒にいることが当たり前で・・・

まあその分イライラすることは多々ありましたが、別れる程の喧嘩はしませんでした。

 

ママさん
ママさん

じゃあ結婚の決め手はそれ?

ひまわりお
ひまわりお

そうです!割と好き嫌いが多い私の性格上、空気のように感じれるのは珍しくて。この人なら一生一緒に暮らせるのではないかと。

 

元々ラブラブするタイプではない私達。

好き!!とかよりも一緒にいて苦じゃないかの方が大事でしたねw

 

年上男性を選んで良かったこと

もちろん年上の主人と結婚してよかったことは沢山あります。

一つずつ説明していきますね!

 

精神年齢が高いので包容力がある

やはり1番は精神年齢が高いこと。

喧嘩をしても、基本的には主人が折れます。

こっちが怒っていても軽く聞き流して喧嘩にならない事も多いです。

性格も関係してくるとは思いますが、同学年と付き合っていたころのくだらない喧嘩はまずなかったですね。

わがままさえも許してくれるのは包容力のある年上ならではかなと思います。

 

収入が安定している

これも年上ならではのメリット。

同学年だとまだ仕事上の経験が浅く、収入は不安定。

それに比べると我が家の場合は出逢った28歳の時点で社会人歴6年とまあまあの経験がありました。

36歳になった今では収入も安定し、私が働かなくても生活できるレベルではあります。

安心して育児に専念できるのはとても助かっていますね。

 

遊びたい欲がない

主人は18歳の時に東京へ出てきているので、大学時代は結構遊びまわっていたようです。

しかし、そこで20代沢山遊んだからか今はあまり遊びたい欲はないです。

仕事以外で飲み歩くこともないですし、洋服や趣味にお金を費やしすぎる心配もなし。

きっと同い年の男性はまだ家庭に縛られるのが嫌な年齢だと思うので、これも大きなメリットです。

 

経験値が高い

私よりも10年早く産まれてきている訳ですからその分経験値も高いです。

お店の選び方から仕事のアドバイスなど小さい事ですが、まだ10代の私からすれば経験豊富で安心感がありました。

同い年からアドバイスされても

なに、インテリぶっちゃってんの・・・

となるところですが(←性格わるw)年上だからこそ素直に受け入れられたところはあります。

 

ずっと可愛がってもらえそう

男性も歳を取るごとにやはり若い女性に惹かれるそうです。

若い奥さんを持つことはある意味ステータスらしく、友人にも自慢げに紹介してもらえます。

まあ自分が40歳の時に同じ40歳の妻を紹介するのと下手したらまだ20代の妻を紹介するのでは色々と思うところがありそうですよね。

もちろん40歳以上でも綺麗なママさんは沢山いますが、”年齢が下”というだけでチヤホヤされるのは得した気分です。

 

年上男性と結婚して後悔したこと

では、逆に後悔したこととはどんなことなのか。

これも1つずつ説明していきますね!

 

価値観の違いを感じやすい

やはり年齢が離れると考えが変わってくる事も多く、価値観が違うなと思ってしまうことがたまにあります。

いわゆるジェネレーションギャップ的なことも。

こればかりは諦めるか寄り添うしかなさそうですが、あまりにも考えが違うと、喧嘩の原因になりそうですね。

 

老後の心配

今は収入が安定して良いかもしれませんが、同い年の人と結婚するのに比べ、10年も早く定年を迎えます。

今のうちにコツコツと老後のお金を貯めておかないと少し不安ですね。

 

子作りのこと

男性だって歳をとればその分子作りに関する力が落ちます。

最近は男性不妊も多いしですしね。

もし、相手の男性が40歳以上ならば子供が出来ず夫婦2人であゆむ道がある可能性も視野に入れておく必要があると思います。

 

老いが目立つ

やはり自分よりも10歳早く歳を取っていくものですから、老いが目立ちます。

もちろん歳を取ってもスリムでダンディな方はいらっしゃいがそうでない場合も多々・・・

自分も30歳を過ぎていて、おばさん体系になってしまったら諦めがつくものの、今はそうはいきませんね。

我が家も結婚前はどちらかというと痩せマッチョだった主人ですが、今では立派なおじさん体系。

これから先、体系だけでなく白髪や身体の不調なども受け入れていかなければならないと覚悟しています。

 

介護をする覚悟

年齢が離れれば離れるほど、介護を長くしなければなりません。

一斉に介護が始まる老老介護も大変だと思いますが、

年の差婚の場合

主人の両親→自分の両親→主人

と長い期間介護になる可能性が高いです。

そして自分よりも先に亡くなってしまう可能性も高いためその辺の覚悟も必要ですね。

 

ぶっちゃけ何歳までOK?

 

ママさん
ママさん

年上好きっていうけど、実際何歳までならいけるの?

ひまわりお
ひまわりお

んー見た目にもよるけど、10歳までですかねー

 

10歳より上になってしまうと、先程あげたデメリットがすごく目立ってしまいそう。

私の父と母は30歳差ですが、まあ価値観が合わず、お世辞にも仲が良いとは言えませんでした。

特に父はザ・昭和の男!という感じの亭主関白な人だったので、母が大変そうだったのはいうまでもありません。

幸い父は会社を経営していたのでお金に関する苦労はしていませんでしたが、介護は大変でした。

そして母は55歳にして未亡人に。

まあ本人は楽しそうなのでいいのですが、年上すぎるのは危険かなと思います。

 

おわりに

結婚っていろんな形がありますよね。

今回は年上男性との年の差婚について書いてみましたが、きっと同い年や年下男性との結婚にも良いところが沢山あるのでしょう。

結局は性格が合う合わないかですよね。

 

例えば、、、

超亭主関白の夫
×
影で支えたいタイプの奥様

 

年下男性の夫
×
リードできる奥様

なら上手くいくのだと思います。

他人が一生一緒に暮らすのだから不満も出てくるでしょうが、支え合って生きていけるといいですね♪

 

ひまわりお
ひまわりお

以上、ひまわりおでした!
最後まで読んでくださりありがとうございます。
宜しければ人気の記事も合わせてどうぞ♪

 

こちらの記事もよく読まれています

コッペパン専門店「パンの田島」おすすめメニュー6選!店舗情報まとめ
無料の室内ドッグランも!ヴィーナスフォートが犬連れの聖地化してる
アメブロでアクセス数が突然増えた?!理由はアメトピだった
【キタノイチバ】子連れ歓迎!キッズルーム完備の居酒屋へ行ってきた
子連れで日帰り温泉なら万葉倶楽部!混雑状況や施設の様子を徹底レポ

コメント